>注目記事>二世帯住宅で快適に暮らそう!住宅の形は多種多様

二世帯住宅にも様々な形がある

二世帯住宅にも3つの形があります。完全同居型の間取りと部分共用型の間取り、完全分離型の間取りの3つのパターンがあります。どの間取りにするかはご家族でしっかりと話し合い、どの世代もストレスなく快適に暮らせる住空間を作る必要があります。

一緒に住むと利点が多い!二世帯住宅にするメリット

間取り図

日常生活でのメリット

日常生活でのメリットは、親が高齢になった際に家事を助けることが出来たり将来夫婦の間にお子様が生まれた際のお孫様の教育に参加したりすることが出来る、介護になった際に家族で協力しながら行うことが出来るというメリットがあります。

経済面でのメリット

同居をすると経済面でのメリットがたくさんあります。生活費の負担が削減され、二世帯住宅ということで税金の負担が軽くなる場合があります。土地や資金をお互いに助け合えることもできるので経済面では大きなメリットがあります。

精神面でのメリット

精神面でのメリットは、高齢夫婦だけでは精神的に不安なことがありますが子供が近くにいることで不安を軽減することが出来ます。御父母に育てられることでお子様の成長にもプラスになったり文化を継承したりすることもできます。

二世帯住宅で快適に暮らそう!住宅の形は多種多様

住宅

双方の意見をしっかりすり合わせておくことが大切

二世帯住宅となると、通常の住居よりも建設費用が高くなることもあります。そのため今中古一戸建てを購入し、リフォームして二世帯住宅にする人もいます。ただし、同居となると世代の違う家族が一つ屋根の下で暮らすため、双方の意見を取り入れた住居を考えないと精神的負担が大きくなってしまいます。家を建てる際はどうすればお互いが心地よく暮らしていくことが出来るのか、きちんと話し合いをしてから二世帯住宅を建てるようにしましょう。