>Review>万が一のために備えよう!地震に強い家を建てて家族みんな安心

万が一のために備えよう!地震に強い家を建てて家族みんな安心

部屋

地震に強い家作りは、以前に比べてますます注目されてきています。自然災害は、いつどこで起こるのか分からないため、備えておくことが何より重要なのです。口コミでも、強い家を作って安心できたとの声もあがっているので、この機会に考えてみましょう。

みんなの声

耐震技術の優れた業者を選びました

マイホームへの住み替えを検討した時、一番に心配したのは「地震」でした。昨今、日本各地で大地震が起こっています。職場とは違って「家」とは寝起きする場所であり、就寝時に大地震に見舞われる事などが怖いため、とにかく地震に強い家にして家族の安全を確保したかったのです。調べてみると耐震技術には様々な工法があり、様々な免震部材が存在するようです。地震時に建物が倒壊するのを防ぐ積層ゴムや、建物の揺れを早く収束させるダンパーなど。そして、建物の形状や地盤によってこれらを上手く使い分けする事が最高の免震になると知りました。これらの事を専門家の視点から提案し、実際に施工してくれる耐震技術に優れた業者を選び、地震に強い家を実現させました。(40代|男性)

施工担当業者にしっかりと相談しました

家を建てる事を決め、楽しいと感じたのは間取りや壁材、フローリングやカーテンなどを選ぶ作業です。思い描いたマイホームがどんどん身近なものになり連日吟味に吟味を重ねました。打ち合わせ中、ある時損害保険の契約について話題になりました。火災保険や地震保険についてです。そこで初めて、防ぎようがない「地震」の怖さを思い出しました。楽しむだけでなく、マイホームと家族を守る為には地震に強い家にしなくてはと気付いたのです。免震装置や耐震工法についてとことん施工業者さんとお話ししました。地震大国の日本では建築業界も日々耐震技術が進歩しているようです。使用する免震部材、実施する耐震工法、どのような働きによって家を守る事が出来るのか等詳しく相談に乗って貰って安心に繋がりました。(30代|男性)